本物であることを証明できるので査定額がアップ

バッグやサイフなどのアイテムを購入したときに、ブランドによっては保証書を付けてくれることがあります。もしも、保証書を付けてくれるブランドのアイテムを売却しようとしているのなら、買取店には本体と一緒に持っていきましょう。査定額がアップする可能性があるので、持っていかないと損をしてしまいます。なお、保証書があると高く買取ってくれるのは、お店が買取ったアイテムを売るときの値段をアップできるからです。バッグやサイフ自体に価値があるのは当たり前ですが、ブランド品が本物であることを証明する保証書も購入者にとっては価値があります。保証書の有無で購入者の安心感がまるで異なるため、買取店は査定を高くしてくれるのです。

保証期間が残っている保証書はとても価値がある

腕に身につけられるブランド品として、機械式とクォーツ式の腕時計が販売されています。どちらともときには故障してしまいますが、保証期間内ならば無料で修理してもらうことが可能です。ただし、保証期間内であることを示すためには保証書が必要になります。つまり、保証期間が残っている保証書は、無料で修理してもらえるチケットだともいえます。そのチケットが付いているのと付いていないのでは、どちらが高額で買取ってもらえるのかは簡単に分かるでしょう。もしも、保証期間が残っている腕時計を売りたいときは、高額査定を望めるので忘れずに持っていくことが大切です。ブランド品やお店によって保証期間は異なるので、チェックしたうえで買取店に持っていきましょう。